iACP

  • Home > もしバナゲーム

人生の最期にどう在りたいか。

だれもが大切なことだとわかっています。でも、なんとなく「縁起でもないから」という理由で、避けてはいないでしょうか。

このカードを使えば、そんな難しい話題を考えたり話し合うことができます。

また、ゲームを通して、友人や家族に あなたの願いを伝え、理解してもらう きっかけ作りにもなります。 周りの人々とゲ ームをしておくだけ で、いざというときの判断がしやすくなるのです。

・もしバナゲームのご購入に関しまして >>>

・もしバナゲームPDF >>>

「もしバナゲーム」とは

1人でも、2人でも、またもっと多くの 人数でもゲームをすることができます。
1セットには36枚のカードが入ってい ます。そのうち35枚には、重病のとき や死の間際に「大事なこと」として人 がよく口にする言葉が書いてあります。

たとえば、「どのようにケアして欲しいか」、「誰にそばにいて欲しいか」、そして「自分にとって何が大事か」、という内容です。

「もしバナゲーム」ソリティア

ルールに従い、10枚を選択します。なぜ、その10枚があなたにとってのトップ10なのか?

その理由を家族や友人たちにどう説明するか考えてください。また「重要でない」カードの山についても、説明できるように理由を考えてください。

そして、時間を作って、あなたの選択について 話し合ってください。

このゲームにより、あなたにとって何が重要なのか、そして、なぜそれが必要なのかを考え、理解することができます。

「もしバナゲーム」ペアーズ

あなたに万が一のことがあったとき医療従事者や介護者との間に立つ人(家族やあなたにとって大切な人、すなわち意思決定の代理人)と行なうとよいでしょう。

その人は、万が一のときに備えて、あなたの希望をしっかり受け止め、理解しておかなければならないからです。

「もしバナ」ペアーズは、2セットのカードを用いて2人同時に行いますが、1セットのカードを用いて2人で順番に行うこともできます。

「レクリエーションルール(ヨシダルール)」

このルールに沿ってカードを用いることで、自分自身が大切にしていることを考え、それらを言葉にすることで、さらに他のプレイヤーの価値観を聴くことで、各人が新たな気づきを得ることができます。
※ワイルドカードはあらかじめ抜いておきます。

・ヨシダルールの詳細はこちら >>>

もしバナゲームは、iACPがCoda Allianceの許可を得て、翻訳・制作・出版しています。

もしバナゲームのお取り扱い

【 個人向けECサイト(会員登録不要) 】

介護レク広場®︎ >>>

株式会社シンクロイズム >>>

【 介護・福祉施設向けECサイト(要会員登録) 】

スマート介護 >>>

【 店頭販売・代引き(※) 】

PAOLA/亀田総合病院内 >>>

(※): PAOLAでの代引き販売は2018年3月末日をもって終了させて頂きます。